多能性幹細胞の分化

Abstract

本発明は、多能性幹細胞を分化させる方法を目的とする。具体的には本発明は、多能性幹細胞を胚体内胚葉系に特徴的なマーカーを発現している細胞へと分化させるのに十分な量のGDF−8を含有する培地中で、多能性幹細胞を培養することを含む、多能性幹細胞を胚体内胚葉細胞に特徴的なマーカーを発現している細胞へと分化させるための方法及び組成物を目的とする。

Claims

Description

Topics

    Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

    Patent Citations (2)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      JP-2006500003-AJanuary 05, 2006ジェロン・コーポレーションGeron Corporationヒト胚幹細胞由来の膵島細胞
      WO-2005097980-A2October 20, 2005Geron CorporationNew protocols for making hepatocytes from embryonic stem cells

    NO-Patent Citations (1)

      Title
      JPN6013052231; Proc.Natl.Acad.Sci.USA Vol.99, No.26, 2002, p.16105-16110

    Cited By (4)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      JP-2016504037-AFebruary 12, 2016ヤンセン バイオテツク,インコーポレーテツド, ヤンセン バイオテツク,インコーポレーテツド膵内分泌細胞への分化のためのヒト多能性細胞の懸濁及びクラスタリング
      US-9399780-B2July 26, 2016Takara Bio Inc.Method for producing viral vector
      WO-2013141133-A1September 26, 2013タカラバイオ株式会社Procédé de production de vecteur viral
      WO-2013146480-A1October 03, 2013タカラバイオ株式会社遺伝子導入方法