熱間繰り返しタンディッシュの付着物抑制方法

Method for suppressing attachment of hot repetitive tundish

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To suppress attaching of a slug to a tundish inner wall.SOLUTION: In a continuous casting method which uses a tundish repetitively for hot working when at least one of aluminum killed steel and aluminum silicone killed steel is continuously cast, flux added in the tundish has a composition containing CaO of 70 to 80 mass%, AlOof 5 mass% or below, SiOof 5 mass% or below, CaFof 20 mass% or below, and MgO of 10 mass% or below. Further, flux is added in the tundish at the start of casting and during a period until the molten steel depth in the tundish reaches 0.8 m. At the end of casting, the composition of slug in the tundish contains MgO of 3 to 5 mass%, SiOof 5 to 15 mass%, and F of 4% or below, with CaO/AlObeing 0.9 to 1.2.
【課題】タンディッシュ内壁へのスラグの付着を抑制する。 【解決手段】アルミキルド鋼及びアルミシリコンキルド鋼の少なくとも一方を連続鋳造する際に、タンディッシュを熱間で繰り返し使用する連続鋳造方法において、タンディッシュ内に添加されるフラックスは、CaOが70質量%以上且つ80質量%以下であり、Al 2 O 3 が5質量%以下であり、SiO 2 が5質量%以下であり、CaF 2 が20質量%以下であり、MgOが10質量%以下である組成を有する。そして、フラックスを、鋳造開始時に、タンディッシュ内の溶鋼深さが0.8mになるまでの間に、タンディッシュ内に添加する。鋳造終了時には、タンディッシュ内のスラグの組成を、MgOが3質量%以上且つ5質量%以下であり、SiO 2 が5質量%以上且つ15質量%以下であり、Fが4%以下であり、CaO/Al 2 O 3 が0.9以上且つ1.2以下とする。 【選択図】なし

Claims

Description

Topics

Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

Patent Citations (3)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle
    JP-H03198953-AAugust 30, 1991Harima Ceramic Co Ltd, Nippon Steel CorpRefractory for removing inclusion in molten steel
    JP-H06246408-ASeptember 06, 1994Nippon Steel Corp, 新日本製鐵株式会社タンディッシュ連続使用方法
    JP-H06330138-ANovember 29, 1994Kawasaki Steel Corp, 川崎製鉄株式会社スラグの改質方法

NO-Patent Citations (0)

    Title

Cited By (0)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle